筋トレとダイエットの密接な関係

ダイエットといえば有酸素運動や食事制限を思い起こす人がほとんどでしょう。しかし筋力トレーニングがダイエットにとても有効だと知っている人は少ないでしょう。しかし筋トレの重要性とその知識を身につければダイエットをとても効果的に進めることができます。
ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスの問題です。摂取カロリーの方が多いと消費しきれなかったカロリーは脂肪となって体に蓄積されてしまいます。消費カロリーが多いと脂肪は溜まりませんし、体についた脂肪を消費して足りないカロリーを補います。つまり摂取カロリーをある程度抑え、消費カロリーを増やすことがダイエットの全てでこれ以下でもこれ以上でもありません。
そして消費カロリーを増やすのにもっとも効果的なものが有酸素運動のランニングなどになります。20分以上走ることが求められていますが、走り始めた瞬間から脂肪は使われます。しかし20分以降から脂肪の燃焼率が一気に増えるのです。
筋トレ情報はこちらもオススメ
筋トレの効果は、筋肉量を増やすことにあります。筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、体を意識して動かさなくても消費カロリーが増えるのです。そして走る前に筋トレをすると脂肪が燃えるために必要な分解がされます。それを遊離脂肪酸といいます。脂肪は遊離脂肪酸となって血液中に流れ出さないと燃えないのです。筋トレをすることで脂肪は遊離脂肪酸に変化しやすくなり、その後にランニングをすると脂肪燃焼は大きく増えるのです。
筋トレ、そしてランニング。これはまさにダイエットのゴールデンコンビなのです。