筋トレと野菜摂取でコンディションをあげる

筋トレをする人たちにとって野菜を積極的にとるということはコンディションを上げる上で非常に大切です。野菜にはビタミンやミネラルだけでなく、身体を機能的に動かす成分も含まれているからです。でも実際には必要な摂取量が足りてない人がほとんどです。
<野菜の摂取量とは>
野菜が足りてないと筋トレの結果が出にくいです。それは疲れやすかったり、太りやすい、または冷え性や肩こりにつながっていくからです。さらには血糖値やコレステロールの上昇のような身体の不具合につながる場合もあるからです。
野菜が不足しているからと言ってやみくもに食べ過ぎるのも問題です。消化吸収できなければ活かすことができず、健康で美味しい野菜の食べ方と、野菜の力を活かせる筋トレに直結するからです。
<栄養素の利用効率が必要>
質のいい筋トレができたのなら栄養素の代謝される度合いがかなりあがります。それならいい野菜を食べて栄養素の利用効率を高めるほうが筋肉と身体にいかせるはずです。栄養素を利用効率はその人の年齢や体調、腸内環境に影響されます。ですからまずは生活リズムを整えて筋トレをし、規則正しい睡眠や食生活をすることで栄養素が使われやすくなります。
<ベジタリアンはいいのか>
毎日野菜だけは難しいので自分の筋トレスタイルに合わせて調整します。トレーニングをしっかりした日は高タンパク食にして筋肉の合成をうながし、それが落ち着いたら代謝を考え野菜食という考えをします。これができるようになれば自分の体調レベルが把握できてその目安になります。体調が変わることが気づけば筋トレに対する野菜摂取の大切さとそのタイミングがわかり、それによってもたらす身体の変化は想像以上に大きいものと言えます。