筋トレと睡眠時間

筋トレで身体に刺激を入れたのなら睡眠時間をたっぷりとって回復させたいです。しかし忙しい現代の日本人にとって睡眠時間の減少が気になります。
睡眠時間が減ると病気や精神疾患のリスクをともない、健康的な日常生活を送るのが困難になってきます。
<最近の現状はどうか>
睡眠時間が大事なのは誰にでもわかります。眠い状態で勉強をしたり仕事するのは能率があがらないので誰でも容易に想像できます。
もちろん筋トレしても次のトレーニングまで十分に回復しなければまたいい筋トレを行うことが難しくなります。
<どうすればいいか>
脳と身体の疲れをとることを考えます。
身体は動かさなければ休むと言われますが、脳は起きているときも寝ているときも活動しています。肉体労働デスクワークに関係なく脳はいつの間にか疲れているのです。
時間がないなら筋トレの直後に邪魔の入らないところで身体と脳を休めるためにゆっくり横になるのです。
<いい睡眠をとるとどうなるのか>
身体が回復しストレスが解消されます。疲れた脳を休ませることがリラックスにつながるのと、いったんリセットしてストレスに向き合えるので解消されるのです。
また筋トレにいいのは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので心と身体を再生する方向にもっていけます。
成長ホルモンは若い成長期だけでなく、大人になっても筋肉やお肌などの再生に有効で大事なものです。筋トレをしていい睡眠がとれたのならさらなる身体の超回復が期待できます。たんなる時間だけでなく本当にリラックスできたのならいい睡眠と言えるでしょう。筋トレでほどよく疲れをつくりスムーズな睡眠に入る準備を造るのです。
脳を活性化させ身体を回復させて忙しい毎日を乗り切ります。