子供たちに対する筋力トレーニングは、特定の筋肉を鍛えるものだけに特化するのではなく、全身をまずは満遍なく鍛えられるものにすることが大切となります。よって、競技ごとに特化した筋肉を鍛えるトレーニングプログラムについては、子供がある程度の基本的な筋力をつけてから、ゆっくりと慎重に取り入れていくようにしましょう。中学生程度になれば、スポーツに焦点をあてた高いレベルのトレーニングを取り入れていくのもいいでしょう。
この際に重要になってくるのは、自分が行うトレーニングのプログラムを子供にしっかりと理解させ、興味を持たせるということになります。コーチや親が、子供にとって難しく、無理があるような内容を押し付けてしまうと、身体的にはこなすことができたとしても、納得していない限りは長期にわたって続けていくことが難しくなってしまいます。よって、子供たちとよくコミュニケーションをとり、プログラムの目的を一緒に考えていくことが大切です。そして、子供の個別的な成長や進歩に合わせて、トレーニングの内容や負荷、休憩時間、セット数、反復回数などを変えていくことによって、トレーニングで得られる成果を実りのあるものにすることができます。
そして、試合や競技会のあるスポーツについては、オフシーズンには総合的な筋力と筋肉の持久力の強化に重点をおくことや、プレシーズンには競技の特性に合わせたパワーを高めること、インシーズンには怪我の防止に努めるなどといったシーズンごとの工夫が必要です。

 

続きを読む≫ 2014/09/24 16:52:24

筋トレを行うと頭がよくなると言われています。身体の筋肉を鍛えることが脳の活性化につながるとはイメージできませんが神経伝達という点では筋トレがスイッチとなり、ボケ防止にまで使えるのです。
<筋トレで神経を研ぎ澄ます>
筋トレは普通の人なら正確に行うはずです。寝起きのボーっとした状態で行ったり、食事の直後の満腹の時に行う人はいないはずです。個人差はありますがたいていは集中して筋トレします。それはフォームや効果を気にするのでどうしても神経を研ぎ澄ます必要があるからです。
<脳のスイッチを入れる>
神経を起こして脳にこれから筋トレをしますよとスイッチを入れます。筋肉から脳への信号を送るのです。これが神経伝達です。すると脳は反応して多くの情報を収集して筋肉を動かします。使っている筋肉はもちろん、その裏側の筋肉はメイン部分を支えるように、さらに立っているならその姿勢をキープしようとするのも脳からの指令なのです。
<年齢性別関係なし!>
筋トレは年齢や性別に関係なく、さらに種目や重量を適切に設定すれば高齢の方でも行うことができます。もちろん専属のトレーナーや医師の問題ないという診断書があってのことですが、シンプルに1つの関節を動かすような筋トレマシーンなら簡単に使用可能です。筋肉を動かすことで脳に刺激が入り、筋肉が発達するどころか脳の活性化につながり、ボケの防止にも役立ちます。
筋トレを続けていけば種目選びやインターバルのとり方、水分や食事に気を付けるようになり、日常生活とはまったく違う脳の使い方をします。その結果脳の細胞がどんどん新陳代謝を繰り返して若返り、研ぎ澄まされて頭がよくなります。自分がなりたい身体まで想像できるようになれば未来を作り出す脳まで発展してると言えます。

 

続きを読む≫ 2014/09/24 16:19:24

筋トレをしたなら質のいい糖質を身体に入れたいため、たくさん食べ過ぎてはいませんでしょうか。糖質制限ダイエットをしながらでも筋トレの効果は十分得ることができます。
<世間の情報に流されていませんか>
筋トレ直後はゴールデンタイムと言われますが、何でもかんでもたくさん糖質を入れすぎてないでしょうか。身体に吸収されやすい糖質とタンパク質のバランスは2対1がベストと言われますが、これは本格的な筋トレをするボディビルダーやスポーツトップアスリートです。一般の人もこの数値に近いのがベストですが糖質制限をしているなら筋トレ直後でもとりすぎないことがおススメです。
<糖質制限ダイエットとは>
普段の食事から主食と言われる糖質を制限するダイエット法で最近は主流と言われています。おもにご飯やパン、麺やジャガイモ類を制限して、肉や魚のタンパク質は食べます。さらに野菜もしっかり食べることができるダイエット法です。
効果があると言われるのがメタボの男性で筋トレに入る際に同時に糖質制限ダイエットも始めるといいでしょう。メタボと言われる男性は内臓脂肪が多い可能性があるので効果はすぐに実感できます。
<筋トレが先かダイエットが先か>
同時に推し進めるといいでしょう。どちらか1つなら効果も1倍ですが筋トレと糖質制限ダイエットを同時に進めると効果は2倍になり、その効果でモチベーションがあがればさらに頑張ることができます。内臓脂肪が減ってお腹まわりがすっきりしたら筋トレの筋肉の動きも自分で確認できるようになり、さらに上のランクの筋トレやさらには皮下脂肪を減らす有酸素運動へも進むことができます。すべての人に適しているダイエット法はありませんが、筋トレと糖質制限ダイエットの組み合わせは期待できる方法です。

 

続きを読む≫ 2014/09/23 16:18:23

筋トレをする人たちにとって野菜を積極的にとるということはコンディションを上げる上で非常に大切です。野菜にはビタミンやミネラルだけでなく、身体を機能的に動かす成分も含まれているからです。でも実際には必要な摂取量が足りてない人がほとんどです。
<野菜の摂取量とは>
野菜が足りてないと筋トレの結果が出にくいです。それは疲れやすかったり、太りやすい、または冷え性や肩こりにつながっていくからです。さらには血糖値やコレステロールの上昇のような身体の不具合につながる場合もあるからです。
野菜が不足しているからと言ってやみくもに食べ過ぎるのも問題です。消化吸収できなければ活かすことができず、健康で美味しい野菜の食べ方と、野菜の力を活かせる筋トレに直結するからです。
<栄養素の利用効率が必要>
質のいい筋トレができたのなら栄養素の代謝される度合いがかなりあがります。それならいい野菜を食べて栄養素の利用効率を高めるほうが筋肉と身体にいかせるはずです。栄養素を利用効率はその人の年齢や体調、腸内環境に影響されます。ですからまずは生活リズムを整えて筋トレをし、規則正しい睡眠や食生活をすることで栄養素が使われやすくなります。
<ベジタリアンはいいのか>
毎日野菜だけは難しいので自分の筋トレスタイルに合わせて調整します。トレーニングをしっかりした日は高タンパク食にして筋肉の合成をうながし、それが落ち着いたら代謝を考え野菜食という考えをします。これができるようになれば自分の体調レベルが把握できてその目安になります。体調が変わることが気づけば筋トレに対する野菜摂取の大切さとそのタイミングがわかり、それによってもたらす身体の変化は想像以上に大きいものと言えます。

 

続きを読む≫ 2014/09/22 16:17:22

筋トレをして汗をかくことに一生懸命でも水分摂取には意外と無頓着な人が多いです。正しい水分摂取をして筋トレの効果をアップさせましょう。
<人間の身体は水からできている>
人間の身体には水分がたくさん含まれていて内臓はもちろん筋肉や皮膚とあらゆるところまで浸透しています。その水分が不足すると熱中症の危険性が高まるどころか、度を超すと死にいたることまであります。
有酸素運動をして汗をたくさんかくとのどが渇き、水分を欲しますが筋トレも同じです。ただスポーツクラブや町の整備された体育館などは空調が整備されているので、大量の汗をかくことがあまりなく、水分摂取のタイミングをのがしてしまう場合もあります。
<筋トレ中の水分摂取のしかた>
のどが渇いてから水分をとるのは遅すぎます。筋トレの場合はたいてい1セット1セットごとにインターバルをとるので、そのタイミングで少しずつ口をしめらす程度に飲みます。その際一気に飲みすぎるとお腹がはるので注意が必要です。またできれば単なる水ではなくクエン酸などの疲労回復物質をまぜるとさらにいいです。
トイレに行くのが面倒だからと言って水分摂取を抑えるのは危険です。筋トレしてるときにも意外と汗はかいているものです。
一般の人の身体に必要な水分は1日あたり2リットルというデータもあります。筋トレを行い汗をかく人はそれ以上に必要になってくるのは容易に想像できます。だからと言って清涼飲料水やカフェインが入ったものは逆効果になるので、自然に身体に吸収されやすい水分を選ぶことがポイントになります。
常温でも冷水でも構いませんがお腹が冷えないように気をつけながら筋トレ中と筋トレあとの水分摂取はしたいものです。

 

続きを読む≫ 2014/09/21 16:17:21

みなさんの身の回りにたくさんあるコンビニエンスストアはいまや筋トレライフに欠かせないスポットになっています。コンビニフードイコールジャンクという考えはもはや過去のもので、身体づくりにも利用できるヘルシー志向な商品が続々登場しています。
<筋トレあとの栄養摂取>
筋トレ直後の時間は栄養摂取のゴールデンタイムとも呼ばれ、いい栄養素を適切に身体に入れれば発達が見込まれると言います。その時にいつでも身近にあるコンビニフードを上手に活用していきます。
手軽に24時間利用できるコンビニはタイミングよく食を調達できる場所です。
<いろいろな商品を選ぶことができる>
例えば筋トレ前には糖質を中心にとりたいと思ったらおにぎりを購入するのもいい方法です。もしおにぎりがお腹に重く感じるというときは質量は軽く糖質は含んでいるといった商品を選ぶといいでしょう。そのほかにはエネルギーのカロリーや糖質のグラム数、塩分を抑えたいなど目的に応じて選ぶこともできます。
さらにはこんにゃくや野菜などを原料にしたヘルシーなスナック菓子などもあるのでちょっとした小腹がすいた時にも利用できます。
<筋トレあとには何を食べればいいのか>
タンパク質の含まれたドリンクなどを選ぶといいでしょう。
固形物は胃で消化されて腸にとどき吸収されるまで時間がかかります。ですから筋トレあとは流動食的なものを入れるのです。腸内環境を整える乳酸菌入りの商品などもおススメです。
近年は消費者のニーズによってとらえられたヘルシーな商品が主流になってきています。私たちの健康をもっとも身近なところでサポートしてくれるコンビニフーズは筋トレする人にとってかかせないものです。もっと上手に利用していきましょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/20 16:16:20

筋トレをするときにリフティングベルトを使ったりしますが、腰痛予防と腹圧を高めて力を逃がさずにうまくトレーニングするために最適です。
<リフティングベルトとはどんなものか>
リフティングベルトには大きくわけて2種類あります。布製のものと革製のものです。布製は厚手のもので金額も比較的安く、腰にまいてマジックテープでつけるだけの手軽なタイプです。一方革製は固くて本格的な筋トレをする人に向いていてピンタイプでベルトするタイプになります。布製とくらべて少し金額が高めに設定されています。どちらも使いやすさで選ぶといいでしょう。
<どんなときに使うのか>
筋トレをする場合に腰に負担のかかる種目を行う場合などです。ビック3と呼ばれるベンチプレスやスクワット、デッドリフトという多関節が関与する筋トレの場合などに使うといいでしょう。またリフティングベルトをすることによってお腹に空気をためて腹圧を高めれば重い重量が持ち上がりますし、力を分散させることなく発揮できるのです。
<使った結果はどうなるのか>
まず安全安心で筋トレできます。フォームを注意すれば危険性は少ない筋トレですがバーベルやダンベルは重いものです。ふとしたきっかけで身体を痛めてしまってはせっかくの筋トレが台無しになるので使用するのです。また使いなれてくればわかりますが、内臓を動かす感覚がつかめてきます。これはリフティングベルトをまくポジションが身体の中で作られてきてその結果内臓をよせるというような感覚になるからです。実際トレーニングのあとにリフティングベルトをはずしてみると、少しウエストにくびれのような感覚があります。
筋トレをするなら日常的に持っている重量よりも重いものを扱いますので、リフティングベルトが必要になってくるのです。

 

続きを読む≫ 2014/09/19 16:15:19

筋トレとサプリメントは切っても切れない関係です。もちろん普通の食事管理も大事になってきますが、サプリメントをうまく利用すれば筋トレの効果も最大限引き出すことが可能です。
<サプリメントはどんなもの>
栄養補助食品のことで身体の調子を整えるビタミンやミネラル類、身体をつくるプロテインやアミノ酸などさまざまな角度から身体に効かすことができます。その中でも筋トレに向いているのはプロテインです。トータルな栄養価ならプロテインがナンバー1だと言えるでしょう。
<どのような効果があるのか>
個人差はありますが筋肉痛がとれるのが若干早く感じたり、筋トレに対する身体のでき具合が変わったりします。また筋トレあとはお腹がすくと思いますが、シャワーに入り帰宅するころには空腹を通り越して食べれなくなってしまう場合もあります。そんなときにプロテインが役にたつのです。
<食事との組み合わせ>
筋トレをするなら食事のタイミングとサプリメントの摂取を考えたいものです。時間も筋トレ時間も限られていると思うので内容をガラッと変えてみます。
まず朝食ですが一般の人が夜に食べるようなものをもってきます。朝からすき焼きやどんぶりものなどです。逆に夜のボリュームは少なくします。昼はおにぎりとプロテインなどで栄養価優先にするのです。つまり仕事のあとに筋トレする人はその後に食べる夕食をガッツリ食べてしまうとすぐに就寝しにくいのです。
ですからその日のエネルギーはその日に使い切って翌朝はお腹のすいた状態で起きるようにし朝食をしっかりとるのです。
筋トレをするためにうまくサプリメントを利用して食事のタイミングをベストなものに変えていくのです。そうすれば筋トレの効果ももっと引き出すことができるのです。

 

続きを読む≫ 2014/09/18 16:15:18

筋トレで身体に刺激を入れたのなら睡眠時間をたっぷりとって回復させたいです。しかし忙しい現代の日本人にとって睡眠時間の減少が気になります。
睡眠時間が減ると病気や精神疾患のリスクをともない、健康的な日常生活を送るのが困難になってきます。
<最近の現状はどうか>
睡眠時間が大事なのは誰にでもわかります。眠い状態で勉強をしたり仕事するのは能率があがらないので誰でも容易に想像できます。
もちろん筋トレしても次のトレーニングまで十分に回復しなければまたいい筋トレを行うことが難しくなります。
<どうすればいいか>
脳と身体の疲れをとることを考えます。
身体は動かさなければ休むと言われますが、脳は起きているときも寝ているときも活動しています。肉体労働デスクワークに関係なく脳はいつの間にか疲れているのです。
時間がないなら筋トレの直後に邪魔の入らないところで身体と脳を休めるためにゆっくり横になるのです。
<いい睡眠をとるとどうなるのか>
身体が回復しストレスが解消されます。疲れた脳を休ませることがリラックスにつながるのと、いったんリセットしてストレスに向き合えるので解消されるのです。
また筋トレにいいのは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので心と身体を再生する方向にもっていけます。
成長ホルモンは若い成長期だけでなく、大人になっても筋肉やお肌などの再生に有効で大事なものです。筋トレをしていい睡眠がとれたのならさらなる身体の超回復が期待できます。たんなる時間だけでなく本当にリラックスできたのならいい睡眠と言えるでしょう。筋トレでほどよく疲れをつくりスムーズな睡眠に入る準備を造るのです。
脳を活性化させ身体を回復させて忙しい毎日を乗り切ります。

 

 

続きを読む≫ 2014/09/18 16:15:18

筋力トレーニングは、負荷の大きいものから始めると長続きせず、また身体に大きな負荷を与えてしまうことがあります。そのため、まずは道具を使用しつつ、身体を慣らしていくことから始めるといいでしょう。
スクワットはいきなり始めると身体に負荷をかけやすいものです。まずは壁やバーなど、安定したものを利用しましょう。ひじを軽く曲げた状態で壁などにつかまり、脚は肩幅程度か少し広めに開いておきます。そして背筋をまっすぐに伸ばし、胸を大きく張って上体を起こしたまま、お尻を後方に突き出すようにして股関節と膝関節を曲げていきます。大腿部と地面が平行になるまで腰を落としたら、上半身はそのままで股関節と膝関節を伸ばし、元の状態に戻る、これを繰り返します。
腕立て伏せをするときにも、最初からやろうとせずに、水平にまっすぐ手を伸ばして鉄棒を握るか、壁に手をつくことのできる位置に立ちます。両脚は肩幅程度につかみ、胸を張った状態を保ちながら肘を曲げ、胸が鉄棒や壁につく直前に押し返し、最初の態勢に戻ります。
腹筋が弱い場合には、まず地面に仰向けで寝て、膝を90度に曲げます。そして両手を大腿部の前に置き、上体を起こしていきつつ、手を膝頭まで滑らせていき、ゆっくりと戻します。これができたら、地面に仰向けで寝たら台の上に脚を組んで乗せ、おへそを覗き込むように上体を起こしてとどめ、ゆっくりと戻していくトレーニングを行っていきましょう。

続きを読む≫ 2014/09/17 16:52:17